下北澤村 字 池之上」

at 

2007年2月17日(土)〜25日(日)


会場日誌


 

2007年02月27日(火)

今日になって、北沢川文化遺産保存の会だけでなく、いろいろな方のブログからリンクを張っていただいていることがわかってきました。

以下、日付順で… 

http://ishi-yumi.spaces.live.com/blog/cns!B0D3810FBC9496E9!263.entry

http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/30cdd27026fb7f337d90230c2e21e73b

皆様ありがとうございます。

2007年02月25日(日)

今日は最終日。

 

午後5時を過ぎ、撤収をし始めたころから、昼間の、豆太郎さん(前日から口上のネタを徹底取材していましたさとみさん肩の故障をおしての熱演でしたの「ちんどん屋パレード」のパフォーマンス

を見てから、三軒茶屋まで歩いて行った帰り途のご夫妻とか、初めてこの町に来られたという正真正銘の「通りすがり」の方にも覗いていただき、やってみた甲斐をますます感じる最終日でした。

結果的に、αの赤ちゃんを除いても、33名様のご来場で、当然ながらレコード更新。

延べですが、9日間で150名様を超えるご来場をいただいたことになります。

今回の目玉にあたるのは、2003年当時の、京王井の頭線の「池ノ上駅」を中心とする、南北300メートル範囲の街区のイラストマップでした。

額「だけ」は千住博さんと同じ

それに加えて、いわゆる「カンバン建築」の建物など、当時、近い将来なくなってしまうかもしれないという不安のあった建物を描いたイラスト作品を展示させていただきました。

幸いにも不安がはずれた建物もあるのですが、逆に、想像もしていなかったお店が無くなってしまったこともあります。

今回の催しを通じて、池ノ上のたくさんの方々とお話をすることができました。

私たちの知っている「池ノ上の昔」をお話するだけで驚いてくださる方もおられましたが、逆に、私たちが全く知らなかった「池ノ上の秋田寮のところにあったバスの車庫」など、こちらがびっくりするようなお話をして下さる方もおられました。

比較的最近住人になられた方の中にも、ご自分達の「終の棲家」やお子さん達の「故郷」としての「池ノ上」の生い立ちに興味を持たれている方も数多くおられます。

行き掛かり上からも「地域の記憶」をお持ちの方々から、必要とされる方々へ、さらには後の世代へと引き継ぐために、その橋渡しをイラストを通じてすることができないかと考え始めております。

2007年02月24日(土)

今日は、レコードを更新して、30名様+α(「α」は4人の赤ちゃんなど)のご来場。

とにかく、いくつもの「偶然」が次々に起こりました。

「ケンブリッジ大学の縁」「馬込・大森・大井町の縁」「駒場エミナースの縁」など、何をどう書いてよいかわからないほどですが、一番驚いたことと、一番よかったと思うことを一つづつ。

一番驚いたこと。

♂が仕事の面でもう25年近くお付き合いさせていただいている建築家のI先生が来場され、私がいろいろご説明していると、突然後ろから「I先生Uでございます」との声がかかりました。

ふりかえると、私がここ3年ほどお付き合いしている、「かみまち世田谷風景じゅく」のメンバーで、『大山道周り鳥目絵図』の作者でもある建築家のU先生でした。

かみまち世田谷風景じゅく
東京都世田谷区世田谷1丁目29-14 03-5477-7700
は、あきれるほど情報発信をしない団体です。

私も、若いころ建築家の事務所にいて、この世界が意外に狭いことは知っていますので、2人の先生が、単なるお知り合いだというなら別に驚かないのですが、なんと、30年前、U先生はI先生の事務所におられたのだそうです。

一番よかったと思うこと。

X交点マップを描かせていただいた「ご縁」で、公式ブログを書かれている、きむらけん先生には、何度もご来場いただいているのですが、今日も、ちょうど「かみまち世田谷風景じゅく」のU先生たちと同じ時間帯にご来場いただき、世田谷の古道に関連が深い
   
きむら先生の北澤川文化遺産保存の会は   「瀧坂道」
    U先生の風景じゅくは  「大山道」

2つの団体をお引き合わせできたことです。

明日は、会場を中心に、豆太郎さんたちのパフォーマンスや蚤の市など、企画満載の一日となります。

展覧会の打ち上げの1日を、楽しく過ごしたいと思います。

2007年02月23日(金)

週末前の雨の日のせいか、来られるはずの方々が尽きたせいなのか、今日のご来場は5名様でした。

今日は、地元の上小学校の副校長先生が来場され「いけうえ」の「」の字にこだわっておられました。

たしかに、学校名は「」、駅名・郵便局は「」、昭和信金さんの支店は「」です。

♂に聞いてみたら、「『の』ではないと思うけど『乃』かもしれないし、調べてみる」とのことです。

明日は「行くよ」とメールを下さった方もおられますので、11時には会場に入りたいと思います。

追記:「いけうえ」の「」の字の表記について by ♂

世田谷の地名(上)(森安彦監修・三田義春編著、昭和59年3月10日東京都世田谷区教育委員会刊)194ページによれば、明治8・9(1895・6)年ころ地租改正のための測量時に定められた(小)字名では「池上」と表記されています。

なお、190ページの年表によれば、その70年ほど前の、文政9(1826)年に編まれた新編武蔵風土記稿には、「いけのうえ」は正式な(小)字名としては記載されていません。

しかし、明治になって唐突に生まれた地名とは到底思えませんので、(小)字よりもう少し限られた、狭い地域を示す地名として、古くから生成されていたと考える方が素直です。

そして、このような狭い地域を示す自然生成された地名の場合、こと世田谷区内の旧村に関する限り、世田谷旧村古地名集(東京都世田谷区教育委員会編著、昭和59年3月10日同委員会刊)をみると、「」ではなく「」を使うのが一般的なようです。

2007年02月22日(木)

今日は、お友だちに、お店番をお願いしていたので、午後5時に会場に入ると…

なんと、木曜日なのに、記名帳をみると12人もの方がご来場。

しかも、文字入れされ、ノンブル(ページ番号)も入った、X交点マップが届いていました。

友人いわく「マツバヤシ・カントクとかいう方が5・6人の方と来られてね『キムラと一緒に来たと言ってもらえればわかる』って…」。

地図が届いているので、「キムラ」さんが「あの きむら さん」だというのは分かるものの、さて「マツバヤシ・カントク」って…

家に帰って、♂に聞いてみても、すぐには思いつかない様子でしたが、「まてよ」と言って、 きむら さんのブログを検索し、さらに、ウィキペディアで見てびっくり。

追記:「マツバヤシ・カントク」については、ここ  もクリック

高名な映画監督であるばかりでなく、私の出身地、島根の大先輩ですし、父方の従兄弟が大勢いる大田のすぐ近くのご出身だということがわかりました。

縁というのは、不思議なものだと思います。

2007年02月21日(水)

今日は、MASUOさんと奥さんが午後2時過ぎにオープンして下さったようです。

♂が、午後3時からお留守番していたものの、さすがに、ウィークデーの中日とあって、来場された方は1ケタでした。

とはいえ、江戸時代の下北澤村の地図のコピーを届けて下さる方があったり、三角橋のところを流れていた三田用水の話で盛り上がる方があったりと、今回の催しを契機に、地域の歴史に興味を持たれている方も意外に多いらしいこともわかりました。


届けていただいた古地図に、出展作を貼り込んでみました
オレンジ色の点線は、今の京王井の頭線
MASUOさんの場所は正確には大下(おおしも)
道の向かい側から南側が池之上です

「池之上の昔繪圖」実現できるかもしれません。

2007年02月20日(火)

今日は、午後5時にたどり着きましたが、MASUOさんが早い時間からオープンしておいて下さったらしく、着いたときには、記名帳にお知り合いの名前が…

それと、版元からの文化地図の補給も…

午後5時半、昨日分に書いた、京都のナカポのカナエさんも無事ご到着。


カナエさんご用達の那覇のてだこ亭の、画像ブログ「てだぱしゃ」の向こうを張って、カナエさんの画像を貼りこみます。

カナエさんと私と♂ともども3人、MASUOさんでゆったり夕食のつもりが、知り合い、さらにそのお知り合い、おしまいには、外から窓越しに私たちを見つけたという筋向いのご主人が来店するといった具合で、あやうく大宴会になりかけてしまいました。

この間まで沖縄に行っていたカナエさんによれば、ウチナーグチでは、あの状態をゆんたく」というとのことです。

明21日は、♂が、ほぼ半月ぶりのOFFとのこと。午後やや遅い時間になるかもしれませんが、会場にパソコンを持ち込んで、仕事がてら店番でもしようかと申しております。


Photo by monsieur Jitsukawa


 

2007年02月19日(月)

今日は、シフトの都合で午後やや遅くからのオープンでしたが、文字どおり「通りすがり」の方々やご近所の方々が覗いてくださいました。

とくに、ご近所の方々から「あそこは、45年前ああだった」「ここは、20年前までこうだった」といった「池之上の昔」の話をじっくりと聞かせていただいたのが収穫です。

INFO 01:
お話を聞いているうちに、もう少し情報が集まったら、「池之上の昔繪圖」を描いてみたいと思うようになりました。

お話からイメージを膨らませるのも面白いのですが、それではやはり限界があります。
昔の町内会の地図や写真などをコピーさせていただきたく、是非情報提供をお願いいたします。

INFO 02:
池之上からは少しはずれますが、昔、下北澤の川沿い、スズナリのあたりにあったポテトチップ工場の情報を、ウチの♂が知りたがっております。
正確な場所、工場の名前、できれば写真などの情報も、あわせてお寄せいただければ幸いです。

先ほど届いたメールで、京都からの遠来のお客様が、明日夕方、見に来てくださることになりました。

京都のナカムラポートリー(養鶏場)の奥様で、21日(水)から26日(月)まで、新宿の小田急百貨店の「京の老舗めぐり」に出店するための出張で上京とのこと。

ここの鶏肉やキジ肉は、はっきりいってやや高額ですが(それにはそれなりの理由があります)、絶対のオススメ品です。明後日以降、もしおついでがありましたら、新宿小田急本館11階を覗いてみてください。

2007年02月18日(日)

今日も、昨日をしのぐ大勢の方々においでいただきました。ありがとうございました。

INFO:
想定外のハケ方になってしまった
下北沢X交点周辺文化地図」ですが、品切れ寸前、版元より、手ずから(というより、「足ずから」というのが正しいか?)補給していただきました。

とはいえ、版元でも、反響が大きいため、印刷した4000部が、品切れ間近とのことです。
したがって、相変わらず、確実に手に入れられたい方は、下北沢一番街の「大月商店」か、代田1丁目の「喫茶店 邪宗門」で。

2007年02月17日(土)

不安な初日でしたが、予想外に大勢の方々においでいただきました。

とくに、「ご近所」の北沢・代沢の大勢の方々に覗いていただけたのは、とても有難いことです。

INFO 01:
最終日の25日に、Ishikawa さんの写真のテーマである「ちんどんやパレード」のメンバー中お2人のパフォーマンスがあります。

INFO 02:
北沢川文化遺産保存の会から近々発行予定の「下北沢X惜別物語」の、イラストマップ(ギャラリにも展示してあります)を描かせていたいたご縁で、置いております「下北沢X交点周辺文化地図」が、初日を終った段階で、「残部僅少」状態になりました。
確実に手に入れられたい方は、下北沢一番街の「大月商店」か、代田1丁目の「喫茶店 邪宗門」で。