灯具屋根は世田谷代官を連想させる陣笠の形状を用い、代官家家紋をポイントとした。
防災船着き場の利用検討を5つのテーマに基づき、それぞれ3つのパターンで展開提案する。
建築家たちのリノベーション・ワークスペース、人と人の出会いの場を絵本仕立てで楽しんでみる。
昭和57年から「ふれあいのあるまちづくり」として梅ヶ丘駅周辺地区を対象に「やさしいまちづくり」が推進されてきた。 “保健福祉のまちづくり重点ゾーン”“アクションエリア”として位置づけられている「やさしい街づくり」を継承する街づくりのガイドラインとして、イラストを用いて説明している。
変わっていくまち並みの記憶の記録を描くシリーズ。プロジェクトの中で整備前まちなみとして掲載している都市もある。(ex.飯塚、金沢八景など)
梨農家の「農産加工所かしわかあさん」:梨ジャム・梨ドレッシングラベルデザイン変更に伴い、新たなかしわかあさんのイメージブランドを展開した。
2016年に開湯100周年を迎える養老牛温泉の「地域性を活かした観光づくり」への取り組み。
道東ど真ん中のシチュエーションを活かした「また来たくなる『ようろうし温泉』」、「三軒宿の魅力」を展開中。
地域の歴史資源を活用したまちなか観光資源としての魅力ある商店街景観の創出。
店舗ファサードデザインの提案、作成:店舗ファサードを江戸時代のテイストを取り入れた和風のデザインにより、まちなみの連続性を図る。(24年度に15軒完成)
地域住民が自慢できる町並み、界隈づくりへの提案。
基本コンセプト:海・空・新しい交通システム、他
区画ブロックごとのテーマに沿った商業施設配置プランニング、全体ボリュームイメージの提案
商店街ファサード計画のデザインコンセプトイメージの作成。
個別店舗基本設計案作成。
長崎街道につながる町筋を活かしたデザイン提案として、江戸的和風、エキゾチック異国ロマン風、新たな街色の創出の落ち着きある和風モダン、の3パターンを作成。
基本コンセプト:『「知」のネットワーク、創造的環境の創生、大学キャンパスを活用した水と緑のネットワークの形成』
要求されたキーワードに沿ってアーバンイラストを作成。
早稲田地区:アジア留学生の交流、カルチェラタン風留学生住居、モダンな図書センター、おしゃれな店舗群、等
三田地区:大学キャンパスから地域へ広がる知的交流ひろば、
三丁目の夕日的下町博物館のイメージエリアがデッキでつながって一望できること
神田駿河台地区:聖橋を望む神田川の親水公園整備、湯島聖堂とニコライ堂を一望、ニコライ堂広場や崖線整備路などは丸の内中通りの洗練されたイメージで構成する
飯田橋四谷地区:外堀通り地下化後の大学間の緑のネットワ
ーク、神楽坂の緑、産官学をつなぐ修景、等
まちに暮らす地元のじいちゃんばあちゃんが、ほっこり楽しめるまち歩き、を思い浮かべながらの、世田谷区内の商店街めぐりのイラストレポート。豆腐屋さんとパン屋さんにはいつも引っかかってしまいました。

各ページに掲載の写真・イラスト・記事の無断転載はご遠慮下さい。
COPYRIGHT 2013 Uban Illust Seisakushitsu.All Rights Reserved.